監督君!厳島神社+石亭での結婚式

新郎さんは大学で日本拳法部の監督だったので、友人たちに「監督」と呼ばれていて、新婦さんのお兄さんがスピーチの中で「愛情と敬意を込めて監督君と呼んでいます」と言ったら会場が爆笑した。

こういったシーンを動画の中に入れ込んで当日のストーリーとして描くのはかなり好きで、より当日の雰囲気が伝わると思います。「ウェディングビデオ」というより、その日のフィルムということを目指しています。

お支度は厳妹屋(いつもや)、披露宴は石亭でした。

キヤノン5Dという一眼レフカメラで撮影された。