「当時を知っているからこそ」- 17年前の手紙

新郎新婦は中学時代のクラスメイトで、出会いから約10年後にお付き合いが始まり、7年が経とうとしています。
披露宴には二人を昔から知っている友人ばかりが集まりました。なのでキーワードは『ありがとう、つながり、愛の輪』
デコレーションのテーマは『海と山』神戸市塩屋の風景も。

二人のこだわりがたくさんつまったウエディングなので、編集もこだわりを大切にしました。
BGMは披露宴の最後に二人と友人がバンド演奏した音源をそのまま使っています。

新婦さんは中学生の頃から彼に片思いしていました。
当時のことをよく知っている友人のスピーチは当時の手紙を読んだりしていて、二人のことを表現するのに外せませんでした。
「当時を知っているからこそ、本当にこの日を迎えられたことがすごく嬉しいです」
泣いたり、笑ったり、本当に愛情たっぷりで素晴らしいです。

Cinematographer and Editor | Chris Moore

今回の二人は「スタンダードフィルム」プランでした。
会場は旧グッゲンハイム邸