アウトドアウェディングのお役立ち情報まとめ – Part 1、その魅力4点

アウトドアウェディングのお役立ち情報まとめ- Part 1、その魅力4点

アウトドアウェディングの会場
ひろーーい場所が外にあると、大人になっても思わず駆け出したくなりませんか?

こんにちは、アウトドアウェディングの撮影は平均20,000歩動き回る木下です。
ぼくは撮影中に走りまわったり、山から滑りおちることもしばしば・・・
それだけ夢中になれる魅力がアウトドアウェディングにあると思っています。

これからアウトドアウェディングを検討している新郎新婦さんに、カメラマンの僕からみて魅力を紹介したいと思います。

そもそも、なぜアウトドアウェディングにするのか?

アウトドアウェディングを挙げた新郎新婦さんの中に必ずあったのが、「より自分たちらしい結婚式にしたい!」という想い。
枠にはまらない自由な発想をカタチに出来るのはアウトドアウェディンの一番の魅力だとぼくは思っています。
あれもこれも妥協したくない個性的な結婚式を求めている方にアウトドアウェディングはうってつけだと思います!

アウトドアウェディングの魅力

ぼくが肌で感じたアウトドアウェディングの魅力を大まかに4つに分けてご案内します。

1、大自然の中でのびやかに過ごせる
2、自分たちのアイデアを思いきりカタチにすることができる
3、ゲストが大人数になっても大丈夫
4、開放的な外で、食事を囲みながらゲストとラフに会話を楽しめる。

1、大自然の中でのびやかに過ごせる

アウトドアの結婚式、というワードだけで前日からワクワクしているゲストも多いはず。
広い空のもと、開放的な気分でゲストのみなさんはのびやかに過ごすことができます。
大自然のなかで歩き回るもよし、のんびりとするもよし。少し暖かい日は木陰の涼しさがじつに気持ち良いです。
アウトドアウェディングの会場
ドローンも木陰で気持ちよさそう!

2、自分たちのアイデアを思いきりカタチにすることができる

アウトドアウェディング
アイデアはどんなに大きなものでも、小さなものでもカタチにすることができます。
会場のほとんどはなにも無い0の状態です。一から作り上げる大変さももちろんあります。でも準備期間はそれ以上の楽しみがあるはずです。
たくさん時間とアイデアをねって作られた会場を、結婚式後に写真や動画で見返した時。その準備期間はきっと素敵な思い出として二人のもとに残ります。
アウトドアウェディング
2次会のさいごに、みんなで踊りたかったマイムマイムが実現!二人の撮って出しエンドロールはこちら 二人の準備風景もご覧ください!

3、ゲストが大人数になっても大丈夫

アウトドアウェディング

ゲストが多くなっても席数に限りがなりので心配することはありません。
それなりのスペースと準備さえできれば、大人数になったとしてもゲストが窮屈になることを心配する必要はありません。
遠い親戚の皆さんにも晴れ姿をみてもらいたい、二次会に気の良い友人にもきてほしいなら招待しましょう!

4、開放的な外で、食事を囲みながらゲストと気軽に会話を楽しめる。

アウトドアウェディング
外で食べる食事は自然と開放的で会話もはずみますね。
ビュッフェスタイルでゲストが食べたいものを選んでもうも良いですし、食事は自分たちでゲストにふるまうのも会話がはずんで楽しめます!
アウトドアウェディング
実際に新郎新婦の二人がみんなにおにぎりをつくりました。二人がおにぎりをにぎっている映像はこちら

以上がぼくが感じたアウトドアウェディングの魅力4点です。
でも屋内の結婚式会場と違い、アウトドアウェディングだからこそ困ってしまうこともあります。
次回は「アウトドアウェディングの悩み」についてみなさんに役にたつ情報をご案内したいと思います!

About yosuke kinoshita

ただ格好良い、リズムにのっているだけではなく、二人の内面が現れるような映像がつくりたい。 心があたたかくなって、クスッと笑ってしまうような。 当日は緊張してしまうもの。僕も新郎だったのでよくわかります。 よりいつもの二人らしい映像を残すためにリラックスした雰囲気作りを心がけています。