「春のメリークリスマス」旧グッゲンハイム邸でウェディング 撮って出し

新婦:「彼氏と彼女っていうより パートナーっていう感じ」
それに対する新郎のこたえに、ふたりの関係性があらわれている!

春なのにメリークリスマス

そのテーマに決めたのは、クリスマスの12月25日が ふたりにとって記念の日だからというのがある。
でも実はもうひとつ理由があって、新婦さんのおじいちゃんがお亡くなりになったのがクリスマスに近い日。
おばあちゃんにとってクリスマスの日を、楽しい想い出に変えたという思いがあるから、このテーマにした。

そういった背景も知って、おばあちゃんがネックレスを付けてくれるシーンをみてください。

それだけでなくて、準備風景の撮影中に感じたこと、
ふたりはゲストのことをとことん考えて考えてつくりあげている、想いがあった。
気持ちのこもった結婚式は、どこを撮影しても感情がこもっている。

早速頂いたふたりからの嬉しいメッセージ↓↓

– 新婦さんより –
“木下さんのムービーも毎日見ていますし、家族や友達にもシェアして
仕上がりにみんな驚いています!ファンがいっぱいいますよ!!

木下さんのムービーに初めて出会った時、映像のクオリティももちろんですが
ストーリー性のある、型にとらわれない自由な切り取り方がおもしろいなとも思いました。

そのご夫婦ごとに寄り添ってムービーを作っているんだなと感じ、木下さんに会ってみたい!という気持ちが先走ってメールをしたことを覚えています☺︎

家族や友人にありがとうを伝えたい場であったので
私とたくちゃん2人だけのストーリではなくみんなをピックアップしてくれてすごく嬉しかったです。
しかもよくあのグダグダだったインタビューをいい感じにきりとってくれました(笑)
私たちの関係性、空気感がよーーーーーくわかるオチでした。爆笑”

– 新郎さんより –
” みんな本当にこのムービーに感激していました!
動画の最後の僕のゆるいコメントが良いオチみたいになってましたね笑
2人の言ってるパートナーっていうテーマや関係性がめちゃ分かって
ほんまに友達に作ってもらったみたいな内容でした!
ロング動画が出来たらみんなで上映会しよっーって言っています! “

「友達に作ってもらったみたいな」
ふたりのストーリーを伝えるためには、
自然な表情や気持ちが引き出せて、
なにより ふたりと関係性がきづけることが大事だと、ぼくたちは想っています。

こんな嬉しいことないですよね。

ふたりのインスタアカウントにも結婚式の思いがシェアしています↓
当日の雰囲気や、嬉しいメッセージもチェックしてみてください

新婦さん
https://www.instagram.com/mariiiiiiii…

新郎さん
https://www.instagram.com/takuro_tanaka/

そして、この素敵な結婚式のプロデュースはnano editionさん
https://www.nano-edition.com

会場:旧グッゲンハイム邸

Cinematographer | Yosuke Kinoshita

About yosuke kinoshita

ただ格好良い、リズムにのっているだけではなく、二人の内面が現れるような映像がつくりたい。 心があたたかくなって、クスッと笑ってしまうような。 当日は緊張してしまうもの。僕も新郎だったのでよくわかります。 よりいつもの二人らしい映像を残すためにリラックスした雰囲気作りを心がけています。